≪施工メニュー(建物診断)≫神奈川県横浜市の外壁や窓、屋上の防水工事、改修、清掃、シーリング工事はMUS工法の株式会社プラスワンへ。

E-mailE-mailでのお問い合わせ・お問い合わせフォーム

Company About us 会社概要株式会社プラスワンの会社概要

news 新着情報株式会社プラスワンからのお知らせ

Recruit 求人情報求人情報

Works 施工事例施工実績

Method プラスワンの工事、工法工事工法

Service Menu サービスメニュープラスワンの施工メニュー(MUS工法、屋上防水、シーリング工事、外壁改修)

Concept コンセプトコンセプト

Home ホーム株式会社プラスワン ホーム


神奈川県横浜市の株式会社プラスワンの施工メニュー(建物診断)

Home > プラスワンの施工メニュー(建物診断)

建物診断

建物の現状を把握し適格な工事のご提案

プラスワンの+1は機能性・美しい仕上げはもちろんの事、
お客様の目線でお客様のニーズに合わせた工事のご提案から始まります。

修繕工事はそれが必要に応じて行うもの。そこで大切なのは、現状をしっかり把握することです。
目に見える劣化だけでなく目に見えないところは?進行状況などあらゆる角度から建物の現状を把握し最善を尽くすことが私たちプロフェッショナルの仕事です。

調査・提案の流れ

お打ち合わ、せ建物診断、報告書提出、修繕工事のご提案

現地に伺い作業内容やスケジュールについて打ち合わせ致します。

建物の現況を目視等で観察し、外壁のサンプル採取・内部状況の測定など、各種診断を行います。

建物診断完了後、結果をわかりやすくまとめた報告書を提出致します。

建物診断で得られたデータに基づき、適切な修繕工事をご提案いたします。


1次診断

1. 外壁目視調査及び打診調査

外壁等に対して目視での観察と打診を行い、浮き・ひび割れ・欠損のほか、エフロレッセンスや錆汁の流出、漏水や漏水跡、シーリング材の劣化、仕上げ塗材の劣化等の状態を把握し、デジタルカメラにて記録を残します。

2. 屋上防水劣化状況目視及び触診調査

目視・触診にて防水材の亀裂及び剥離状況、劣化の進行状況を把握します。

2次診断

3. 仕上材付着力強度試験(タイル・塗装面)

外壁仕上材の付着力を調査します。調査サンプルとするタイル・塗装面の周囲をコンクリートカッターで切断し、表面に治具を接着します。完全に接着された後、治具を引張試験器によって引き剥がします。
剥がれた際の数値から、付着力の強度を求めます。

4. シーリング物性試験

外壁の防水性と係わりが大きく、緩衝材としても機能するシーリング。劣化破断にて漏水を引き起こす原因ともなります。
シーリングの状況を調査するには、採取したサンプルを試験器で引っ張り、延びを測定することで劣化の度合を把握します。

5. ブランコによる外壁打診調査

報告書作成に伴い外壁全面打診調査及びシーリング全面目視調査にて作業性を発揮します。
ゴンドラや高所作業車に比べ身軽でコスト削減に優れます。

報告書作成

劣化判断基準を下記のレベルにより4段階に分類し、劣化度として表示いたします。

改修レベル 劣化状況 改修期限
レベルA 著しい不具合は発生してないが、経年による劣化現象が見られ将来的には修繕の計画が必要となります。 10年以内
レベルB 経年による劣化現象が見られ、7年程度以内の計画的な修繕の検討が必要となります。 5年以内
レベルC 経年による劣化現象が顕著に見られ、1~2年以内に計画的な修繕が必要となります。 1~2年以内
レベルD 著しい劣化・不具合が見られ、早急な修繕が必要です。 半年以内

メールでのお問い合わせ

Service Menu

建物診断

MUS工法とは

MUSアンカーピン工法

MUSドックキャップ工法

シーリング工事

防水工事

外壁改修工事

Contents

プラスワンのコンセプト

プラスワンの工法

施工実績

求人情報

新着情報

会社概要


▲ PAGE TOP